〜 News 2020〜

-Newsでは、当研究室の教育・研究活動のホットな話題をお伝えしてまいります。-


「寄付・協賛の窓口」

あなたのご寄附が、文化財保護に取り組む若い力を育てます。

 2020年3月25日

本来であれば、3月25日は藝大の卒業式でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止で中止となりました。
当研究室は修了生3名、博士1名が卒業を迎えました。

令和元年度 卒業・修了式の中止について(2020年03月04日)HP
東京藝術大学は、令和2年3月25日(水)に令和元年度卒業・修了式を本学奏楽堂において開催する予定としておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止することを決定いたしました。

【新入学生】令和2年度入学式の中止・新学期について(2020年03月23日)HP
東京藝術大学は、令和2年4月4日(土)に令和2年度入学式を本学奏楽堂において開催する予定としておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止することを決定いたしました。  また、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本学は、新学期の開始日を4月20日(月)に変更します。

【在学生向け】新学期の開始日について(2020年03月23日)HP
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、本学は、新学期の開始日を4月20日(月)に変更します。  ただし、4月1日より、感染予防策を実施した上で健康診断などの行事を実施します。  今後、毎日検温し、各自で体調の変化を把握してください。検温の結果等は、自己健康管理票を利用して記録してください。風邪の症状や発熱(37.5度以上)がある場合は、自宅に待機し、大学の行事に参加しないでください。

 2020年3月23日
たいとう文化発信マガジン「台東鳥瞰」2020年春号(第4号)の藝大物語TOPICのページに当研究室の紹介が掲載されました。
 2020年3月5日
3月4日(水)
「わたりかけはし賞」授賞式が、六本木の国際文化会館でなごやかに行われました。
授賞式の様子
 2020年2月18日

1)今年は5月の開催となります。ご来場お待ちしております。
「研究報告発表展」
を開催いたします。
期間:2020年5月22日(金)〜26日(火)
場所:東京藝術大学 陳列館
時間:10:00〜17:00  入場無料  ●5/24(日)トークイベント(口頭発表会)(予定)

2)撮り下ろしの美しい仏像写真で知られるニ(エイ)出版の「美仏シリーズ」の最新刊「微笑みの美仏 円空」(1800円+税)冒頭に、籔内佐斗司教授が寄稿しています。

 2020年2月3日

1)テレビ放送のご案内
2月8日(土)夜11時00分〜11時30分「マツコ会議」は、東京藝術大学に潜入!

2)1月30日(木)文化財保存学合同の追い出しコンパが開かれました。
修士、博士の卒業生と共に、今年度で退任される先生に感謝をこめて新しい旅立ちを祝福しました。

 2020年1月28日

1)1月28日(火)〜2月2日(日)
第68回 東京藝術大学卒業・修了作品展
が始まりました。会場風景(1/28)

第68回 東京藝術大学「卒展」・大学院美術研究科修士課程「修了作品展」
場 所:東京藝術大学大学 美術学部 陳列館
期 間:2020年1月28日(火)- 2月2日(日)期中無休
    午前9時30分 - 午後5時30分(入館は午後5時まで)
    ※ 最終日は午前9時30分 - 午後12時30分が(入館は午後12時まで)
観覧料: 無料
  チラシPDF(表5.6MB) (中1.8MB) 

2)東京都美術館×東京藝術大学が連携して行っている「とびらプロジェクト」のブログに修士2年の朱若麟の記事が掲載されました。


とびらプロジェクトとは?
美術館を拠点にアートを介してコミュニティを育むソーシャルデザインプロジェクト「とびらプロジェクト」。広く一般から集まったアート・コミュニケータ「とびラー」と、学芸員や大学の教員、そして第一線で活躍中の専門家がともに美術館を拠点に、そこにある文化資源を活かしながら、人と作品、人と人、人と場所をつなぐ活動を展開しています。
「とびらプロジェクト」は、東京都美術館がリニューアルオープンしたことをきっかけに、隣の東京藝術大学と手を組み2012年に始動しました。新たなミッションを掲げた東京都美術館と、東京藝術大学の大学としての特性を活かしながら2つの組織が連携して行っています。

 

 2020年1月17日
当研究室の「修了作品展」のチラシを本日関係者の皆様に発送致しましたので、お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。発送風景(1/17)
 2020年1月14日

1)令和元年度 文化財保存学専攻 修士修了作品・論文発表会が行われました。
1月9日(木) スライド発表 《第1講義室(中央棟)》

スライド発表

 画像をクリックすると拡大画像が出ます。

1月16日(木) 作品発表《第3講義室(中央棟)》

作品発表


小林 百代 アメリカ ボストン美術館 僧形八幡神坐像 模刻制作

朱 若麟 奈良県 聖林寺 十一面観音菩薩立像 模刻制作

中村 美緒 京都府 平等院 雲中供養菩薩像南二十号 模刻制作

2)昨年秋に、大英博物館で開催された「奈良ー日本の信仰と美のはじまり」展の報告シンポジウムが行われます。

日時:2020年2月7日(金)13:30から
会場:ベル-サール飯田橋ファースト イベントホール
   文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワーB1F

第三部パネルディスカッションに籔内佐斗司教授も登壇いたします。
入場無料、申し込みは1月24日まで。詳しくは、チラシをご覧下さい。

 2020年1月6日
新年あけましておめでとうございます。
今年も、当研究室およびウェブサイトをどうぞよろしくお願い致します。

東京藝術大学「卒展」・文化財保存学「修了作品展」が1月28日(火)〜2月2日(日)の期間で行われます。
このたび、本研究室の修士課程の学生3名が、修了作品展に於いて成果をご披露いたします。また彫刻以外にも、日本画、油画、工芸、建造物、保存科学など各分野の学生たちが、文化財保存や古典研究に対して若い情熱を傾けた研究成果を発表致します。ご多忙の折とは存じますが、みなさまにもぜひご高覧を頂き、ご指導ご鞭撻を賜りますようご案内申し上げます。

第68回 東京藝術大学「卒展」・大学院美術研究科修士課程「修了作品展」
場 所:東京藝術大学大学 美術学部 陳列館
期 間:2020年1月28日(火)- 2月2日(日)期中無休
    午前9時30分 - 午後5時30分(入館は午後5時まで)
    ※ 最終日は午前9時30分 - 午後12時30分(入館は午後12時まで)
観覧料: 無料
  チラシPDF(表5.6MB) (中1.8MB) 



ご意見、ご質問は<webmaster@tokyogeidai-hozon.com>へお願いします。