〜 News 2018〜

-Newsでは、当研究室の教育・研究活動のホットな話題をお伝えしてまいります。-


「寄付・協賛の窓口」

あなたのご寄附が、文化財保護に取り組む若い力を育てます。

 2018年9月15日

1)9月14日
9月15日から開催の三井記念美術館「仏像の姿(かたち)〜微笑(ほほえ)む・飾る・踊る〜に関する特別対談(広告)が、朝日新聞に掲載されました。
清水眞澄三井記念美術館館長と籔内佐斗司教授の特別対談(PDF 8.9MB)朝日新聞9/14

2)9月15日
「仏像の姿(かたち)〜微笑(ほほえ)む・飾る・踊る〜
が始まりました。卒業生、藝大美術館買い上げ作品などを展示する機会をいただき、総点数80点のうち20点ほどが、研究室歴代の模刻制作や修復物件です。ぜひご高覧下さい。。今後、日曜美術館アートシーンやぶらぶら美術館でも紹介される予定です。放映後は混雑が予想されますので、早めにご覧になることをお薦めします。

開催日時:9月15日(土)ー11月25日(日)  
10:00〜17:00(最終受付16:30)
入館料:一般1300円、大学・高校生800円、中学生以下無料
主催:三井記念美術館、朝日新聞社
後援:國華社、東京藝術大学
特別協力:東京藝術大学文化財保存学(彫刻)
チラシ外面(PDF 4.7MB) チラシ内面(PDF 2.9MB)

 2018年9月6日
磐梯町 慧日寺復元金堂内 薬師如来坐像復元プロジェクトについてまとめました。
(PDF 4.1MB)
 2018年9月5日
SIGMA社のスペシャルコンテンツSEIN[ザイン] に慧日寺跡・薬師如来坐像復元事業が掲載されました。

SIGMA「SEIN(ザイン)2018年初夏完成予定磐梯町・慧日寺「薬師如来坐像復元事業」の現場を訪ねる」2018.03.23
SIGMA「SEIN(ザイン)慧日寺跡・薬師如来坐像復元事業 完成式典レポート2018.08.29
 2018年9月3日

三井記念美術館で開催の「仏像の姿(かたち)〜微笑(ほほえ)む・飾る・踊る〜で、保存修復彫刻研究室で制作した模刻像が大集合します。
開催日時:9月15日(土)ー11月25日(日)  
10:00〜17:00(最終受付16:30)
入館料:一般1300円、大学・高校生800円、中学生以下無料
主催:三井記念美術館、朝日新聞社
後援:國華社、東京藝術大学
特別協力:東京藝術大学文化財保存学(彫刻)
チラシ外面(PDF 4.7MB) チラシ内面(PDF 2.9MB)

 2018年8月31日
JR東日本が発行する新幹線車内サービス誌トランヴェールに史跡慧日寺跡薬師如来坐像の記事が掲載されました。JR東日本の新幹線(北海道・東北・山形・秋田・上越・北陸)の座席に搭載されていますので、お乗りの際は是非ご一読ください。
 2018年8月24日
慧日寺薬師如来坐像について、各メディアでとりあげていただきました。掲載記事
 2018年8月13日

1)テレビ放送のご案内
2016年に放送されたNHK『美の壺』「京のほとけさま」が、定時枠以外で再放送されます。
8月14日(火)10:30AM〜10:59AM NHKーBSプレミアム

2)テレビ放送のご案内
福島県磐梯町の慧日寺薬師如来完成を記念した番組「薬師 再来(仮題)(福島放送)が、9月1日昼12:00から放映されます。またその後、東北地方全域でも放送予定。案内役は、タレントの篠原ともえさんです。


 2018年8月10日

8/11(土)13:30〜15:00
『磐梯とくいつ藝術祭』で藝大メンバーによるギャラリートークが行なわれます。
ギャラリートーク風景(8/11)

『磐梯とくいつ藝術祭』
開催日時:2018年7/30(月)ー11/30(金) 9:00〜17:00(最終受付16:30まで)
会  場:磐梯山慧日寺資料館、金堂
入 館 料:一 般・大学生500円、高校生400円、小・中学生以下300円

 2018年8月7日

7月27日から8月7日まで東大寺本坊で開催されていた「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達」展、および春日大社感謝と共生の館で催しました講演会及び鼎談は、予想を超えるご来場者数をお迎えして、盛況のうちに終了しました。
研究室スタッフによる講演会(8/4)

展示会には、荒井正吾奈良県知事夫妻をはじめ、奈良の寺院の僧侶方や万葉学者の上野誠奈良大学教授ほか、外国人観光客を含む大勢の方がお越しになり、熱心に作品や解説をご覧になりました。展示風景

福島県磐梯町と奈良という徳一由縁の東西の真夏の二大イベントは、大成功裏に終えることができました。関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

 2018年8月6日

1)週刊新潮8月9日号の「掲示板」コーナーに、籔内佐斗司の捜し物が掲載されました。
福島県磐梯町慧日寺金堂の薬師如来完成に合わせて、同寺を創建した南都僧・徳一の事跡や言い伝えを募集しています。

2)「年報2017-2018」が完成しました。
編集を進めておりました当研究室の教育・研究活動をまとめた年次報告書「年報2017-2018」が完成しました。
本誌発刊にあたり、ご協力いただきました多くの皆様に、厚く御礼申し上げます。
先日発送致しましたので、お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。
※「年報2017-2018」は当研究室教育研究事業への支援者や関係者に優先的に進呈しています。
ご意見などはこちらから

 【表紙・目次】 発送作業風景(8/3)

 2018年8月1日

1)「磐梯とくいつ藝術祭 慧日寺薬師如来坐像復元制作〜完成への軌跡〜」(慧日寺資料館)が始まりました。
会期:7月30日(月)ー11月30日(金)  9:00〜17:00(会期中無休)
〈記念誌PDF〉
完成記念式典(7/30)

2)「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達」展が始まりました。
7月27日(金)ー8月7日(火)  9:30〜17:30(最終受付17:00)
会  場:東大寺本坊
入 場 料:200円  
後  援:朝日新聞社
研究室スタッフによる講演会(8/4)
展示風景
 8月29日朝日新聞 夕刊 関西発

 2018年7月18日

7月30日(月)に一般公開を迎える、福島県磐梯町の慧日寺金堂の薬師如来坐像制作は、猛暑の中、大詰めを迎えています。磐梯町駅前工房から金堂に移された薬師如来は、粛々と古色作業と繕い作業が続けられています。京都や奈良にも負けない立派なほとけさまができつつあります。作業風景
7月17日(火)には、町内の小中学校から課外授業として、クラス単位で子どもたちが続々と見学に訪れ、説明役の籔内教授に賑やかにかわいい質問が浴びせられました。(7/17)

 2018年7月11日

1)7月10日 (火)
福島県磐梯町慧日寺金堂薬師如来坐像の完成披露式典展に向けての作業報告

 7月30日 完成披露式典展PDF(4.3MB)

 2018年7月3日

1)「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達」展をを開催いたします。
開催日時:7月27日(金)ー8月7日(火)  9:30〜17:30(最終受付17:00)
会  場:東大寺本坊
入 場 料:200円  
後  援:朝日新聞社

2)仏教情報誌「中外日報」に籔内佐斗司のインタビューが掲載されました。
中外日報 6月13日(水)

3)『磐梯とくいつ藝術祭』が今年も開催されます。
開催日時:2018年7/30(月)ー11/30(金)  9:00〜17:00(最終受付16:30まで)
会  場:磐梯山慧日寺資料館、金堂
入 館 料:一 般・大学生500円、高校生400円、小・中学生以下300円
※藝大メンバーによるギャラリートーク 8/11(土) 13:30〜15:00
主催:磐梯町
後援:徳一菩薩研学敷衍の会、東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室
お問い合わせ:磐梯山慧日寺資料館  http://www.town.bandai.fukushima.jp

 2018年6月15日

1)6月10日(日)
京都駅前のメルパルクホールで、三十三間堂妙法院主催の「第11回仏教文化講座」で、籔内佐斗司が「お坊さんも知らない仏像のおはなし そおやったんか!」と題した講演を行いました。会場は400席がいっぱいになるほどの盛況でした。会場風景

2)東京藝術大学大学院文化財保存学が福島県磐梯町から受託している二年半がかりの大仕事である慧日寺薬師如来坐像の制作は、7月30日の完成披露に向けて、急ピッチで進んでいます。6月12〜13日には、体幹部材の漆箔作業が行われました。それまで漆下地だった表面が、金箔で光り輝いています。今後は、彩色と古色仕上げを施して行きます。作業風景

 2018年6月8日

1)6月7日(木)
日本橋の奈良まほろば館で開催された関西会主催の勉強会で、教育研究助手の山田亜紀が「室生寺の釈迦如来立像模刻制作を通じて」と題した講演会を行いました。会場風景

2)5月26日-29日
東京藝大大学院文化財保存学の古美術研修旅行がありました。古美術研修旅行

 2018年5月14日

1)芸術新潮5月号に非常勤講師 ・藤曲隆哉の模刻像(円成寺・大日如来)が掲載されました。
 

2)5月10日(木)
文化財保存学専攻新入生歓迎会が行われました。
 

 2018年5月10日
5月9日「第1回 博士研究レビュー講座」が行われました。
講座終了後、質疑応答の時間には、お呼びした研究者の方々からの熱のこもったが質問がありました。会場風景
 2018年4月23日
「研究報告発表展」が無事終了致しました。
5日間で2000名のお客様にご来場いただきました。
会場に足をお運び下さった皆様、ご支援を賜りました皆様に深く感謝致します。
 2018年4月18日

「研究報告発表展」が始まりました。皆様のご来場をお待ちしています。
期間:2018年4月18日(水)〜22日(日)
場所:東京藝術大学 陳列館
時間:10:00〜17:00 入場無料
 PDF

藝大・澤和樹学長が来場(4/20)

4/21(土)トークイベント((口頭発表会))スケジュール
中央棟第1講義室で修復・制作担当者が内容の説明を致します。各回10〜15分の予定です。※当日の進行によって、トーク順、内容、時間が変更となる場合がございます。

13:00 修了制作/博士研究
     奈良県 唐招提寺 伝薬師如来立像 模刻
     京都府 平等院鳳凰堂 雲中供養菩薩像北7号 模刻
     熊本県 明導寺(城泉寺)勢至菩薩立像 模刻
     奈良県 室生寺 釈迦如来立像 縮尺模刻
     福島県 磐梯山慧日寺資料館復元金堂内薬師如来坐像 制作(中間報告)

14:30 修復報告
     神奈川県 法國寺 八臂弁財天坐像 修復
     個人蔵 阿弥陀如来立像 修復
     個人蔵 如来立像 修復

 2018年4月9日

1)テレビ放送のご案内
2009年に放映され、文化財保存学彫刻研究室が制作に協力した番組「運慶 最強の仏師集団を率いた男」(93分)が二日連続で再放送されます。
プレミアム8 シリーズ 巨匠たちの肖像 運慶 最強の仏師集団を率いた男 (初回放送:2009年)奈良 東大寺の金剛力士像で知られる仏師・運慶の創作過程をCGで再現、類まれな写実性誕生の裏側に迫る。
2018年
4月12日(木)9:00AM〜
 BSプレミアム
4月13日(金)0:45AM〜 BSプレミアム
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3599/2325296/index.html

2)4月5日 2018年度入学式が行われました。
今年度、当研究室には修士課程3名、博士課程1名が入学しました。どうぞよろしくお願いいたします。
2018年度 新入生
修士課程 小林 百代
修士課程 朱 若麟
修士課程 中村 美緒

博士課程 李 品誼

2018年度 新指導スタッフ
教育研究助手 山田 亜紀(木造彫刻 保存修復)

2018年度 新技術スタッフ
技術職員 胥 文君(木造彫刻 保存修復)

3)4月5日 保存修復彫刻研究室のオリエンテーションが行われました。
オリエンテーション+新入生歓迎会風景

4)2018年度の研究室メンバーを紹介します。【2018年度研究室メンバーの紹介】

 

 2018年3月29日

1)「研究報告発表展」を開催いたします。
期間:2018年4月18日(水)〜22日(日)
場所:東京藝術大学 陳列館
時間:10:00〜17:00 入場無料
 PDF
ご案内チラシが出来次第当研究室関係の皆様に発送いたします。
お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。

2)随時ご報告している磐梯町慧日寺金堂の薬師如来坐像復元制作の様子が、光学機器メーカー・シグマ社のオンラインマガジン「SEIN」で紹介されました。
福島県磐梯町に本社工場を構えるシグマ社は、優れた交換用レンズやカメラ本体の製作もしていることで、内外の評価が非常に高いメーカーとして知られています。そしてかねてより、慧日寺薬師像制作を社を挙げて援助して下さっています。


 2018年3月27日

1)3月26日 平成29年度卒業式が東京藝大奏楽堂で行われました。
保存修復彫刻の修了生2名、博士1名が卒業式を迎えました。謝恩会

2)3月26日「第十二回お仏壇のはせがわ賞」「第九回お仏壇のはせがわ賞特別賞」の授賞式が行われました。「第五回静岡銀行賞」の授賞式が行われました。授賞式風景

3)3月27日 保存修復彫刻研究室の追いコンが行われました。

 2018年3月15日

3月12日(月)
内堀雅雄福島県知事が磐梯町駅前工房に視察にいらっしゃいました。
視察の様子と作業風景 
3月14日(水)福島民報

 2018年3月5日
籔内教授が講師を務めた東京美術倶楽部主催公開美術講座 第20講座(全2日)が終了しました。
3月3日(土) 15:00〜16:30文化財保護のふたつのありよう土中古と伝世古(後篇)会場風景
 2018年3月1日

1)「研究報告発表展」を開催いたします。
期間:2018年4月18日(水)〜22日(日)
場所:東京藝術大学 陳列館
時間:10:00〜17:00 入場無料
ご案内チラシが出来次第当研究室関係の皆様に発送いたします。
お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。

2)昨年度修復した阿弥陀如来立像と菩薩踏下像について、法國寺さまの「関内陵苑だより」新春号で報告がありました。修復の詳細については非常勤講師の藤曲隆哉が解説を執筆しました。

3)慧日寺薬師如来制作 途中経過作業風景

 2018年2月20日

1)2月16日発売のエイ出版仏像シリーズのMOOK誌『平安の美仏 大百科』に、籔内佐斗司教授が「材料・技法から見る平安仏の美」と題して寄稿しています。

2)せんとくんが10歳になりました。読売新聞奈良県版(2/13)

 2018年2月1日
2月1日(木)
文化財保存学合同の追い出しコンパが開かれました。
修士、博士の卒業生と共に、今年度で退任される先生に感謝をこめて新しい旅立ちを祝福しました。
 2018年1月28日

1月28日(日)〜2月3日(土)
第66回 東京藝術大学卒業・修了作品展が始まりました。
会場:保存修復彫刻研究室(陳列館)

会場風景

第66回 東京藝術大学「卒展」・大学院美術研究科修士課程「修了作品展」
場 所:東京藝術大学大学 美術学部 陳列館
期 間:1月28日(日)〜2月3日(土) 会期中無休
    9:30-17:30(入場は17:00まで)
    ※最終日は12:30まで(入場は12:00まで)
観覧料: 無料
  チラシPDF(表7.1MB) (中3.7MB) 発送風景1/12

 2018年1月22日

1)修士課程2年の中尾綾子が模刻する熊本県・城泉寺の勢至菩薩立像の制作の様子が地元湯前町の情報紙「広報湯前」「文化のタカラ(連載 第5回)」掲載されています。この企画は今年4月まで連載される予定です。

2)『ひととき』2018年2月号「南都復興と運慶」のページに非常勤講師 ・藤曲隆哉の取材記事が掲載されました。

 

 2018年1月11日

修了生による修士修了作品・論文発表会が大学中央棟でおこなわれました。
作品発表1月11日(木)

第1部作品発表


胥 文君  京都府 平等院鳳凰堂 雲中供養菩薩像(北7号)

中尾綾子  熊本県 明導寺(城泉寺) 阿弥陀三尊像のうち勢至菩薩立像

 

スライド発表1月18日(木)

第2部スライド発表
「静岡県 摩訶耶寺 薬師如来坐像」修復報告


  画像をクリックすると拡大画像が出ます。

 2018年1月9日

1)福島県磐梯町から依頼された慧日寺金堂薬師如来坐像が、6月末の完成に向けて作業は順調に進んでいます。坐高2mの薬師像の途中経過が、4月恒例の「研究報告発表展」(藝大陳列館)で公開されます。【画像】

2)2018年9月15日~11月25日に日本橋の三井記念美術館で開催される「仏像の姿(かたち)」展の一室に、私たちの研究室の模刻作品や修復・研究事業が一堂に展示され、紹介されることになりました。 http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html

3)今年の中旬から下旬にかけて、異端の天才彫刻家・佐藤朝山(玄々)(1888〜1963)を総合的に紹介する展覧会が、福島県立美術館や日本橋三越などで巡回されます。彼の代表作である巨大な「天女像 まごころ」(日本橋三越本店1Fホール)のCG画像の制作を当研究室が受託しました。調査風景

4)1月12日(金)21:00から放映のテレビ東京「たけしのニッポンのみかたSP」の中の「東京藝術大学に潜入」コーナーで、文化財保存学の彫刻研究室が紹介されます。
北野たけしさんと国文太一さんが、松本幸四郎さん、中畑清さん、松井冬子さんを引き連れて藝大キャンパスを探訪。仏像の模刻や修復をしている文化財保存学彫刻研究室も訪れました。修了制作の追い込みで忙しい学生たちの様子が紹介されます。

4)1月1日(月)12:30〜14:00 NHK Eテレ
特集番組「すごいぞ にっぽん! 古典芸能最新形」
籔内佐斗司教授がプロデュースする平成伎楽団が、雅楽や能楽などともに出演しました。
出演:ロバート・キャンベル、草刈民代、篠原ともえ、ハリー杉山、他。

 2018年1月4日
新年あけましておめでとうございます。
今年も、当研究室およびウェブサイトをどうぞよろしくお願い致します。

東京藝術大学「卒展」・文化財保存学「修了作品展」が1月28日(日) 〜2月3日(土)の期間で行われます。
 このたび、本研究室の修士課程の学生2名が、修了作品展に於いて成果をご披露いたします。また彫刻以外にも、日本画、油画、工芸、建造物、保存科学など各分野の学生たちが、文化財保存や古典研究に対して若い情熱を傾けた研究成果を発表致します。ご多忙の折とは存じますが、みなさまにもぜひご高覧を頂き、ご指導ご鞭撻を賜りますようご案内申し上げます。

第66回 東京藝術大学「卒展」・大学院美術研究科修士課程「修了作品展」
場 所:東京藝術大学大学 美術学部 陳列館
期 間:1月28日(日)〜2月3日(土) 会期中無休
    9:30-17:30(入場は17:00まで)
    ※最終日は12:30まで(入場は12:00まで)
観覧料: 無料
  チラシPDF(表7.1MB) (中3.7MB) 発送風景1/12



ご意見、ご質問は<webmaster@tokyogeidai-hozon.com>へお願いします。