10月14日(土)~15日(日)に開催された「にっぽん文楽 in 上野の杜」に特別出演した「平成伎楽団」が、あいにくの小雨模様のなかを大活躍しました。テーマは、お馴染み「渡邊綱と鬼女」の大立ち回りで、3.5メートルの若菜が鬼女に変身するところや、綱が鬼女の腕を切り落としたところは、観客から大歓声があがりました。

「人吉新聞 球磨版」


「人吉新聞 球磨版」

「人吉新聞 球磨版」

「人吉新聞 球磨版」

「人吉新聞 球磨版」

「人吉新聞 球磨版」

「人吉新聞 球磨版」

「人吉新聞 球磨版」

 


戻る