〜 News 2016〜

-Newsでは、当研究室の教育・研究活動のホットな話題をお伝えしてまいります-

 2016年12月28日
今年も当研究室をご支援してくださった皆様、ありがとうございました。これからも、研究室一丸となって、わが国の文化財保護と文化の継承に邁進いたします。

来年が素晴らしい年でありますように。
皆様、よいお年をお迎え下さい。

 2016年12月21日
1)12月20日(火)13:00 〜後期講評会が行われました。
後期のまとめとして、学生たちがそれぞれ取り組んでいる研究の経過報告を行いました。講評会風景

2)12月21日(水)15:00 〜保存修復彫刻研究室博士3年・小野貴登司の公開口頭発表が大学美術館で行われました。会場は平日にも関わらず、熱心に聴講されるお客様で満席でした。
博士研究口頭発表会場風景

 2016年12月16日
12月16日(金)19:00 〜
文化庁文化財部美術学芸課 主任文化財調査官(彫刻部門)・奥健夫先生の集中講義が行われました。
題目:「如法」の造仏について
集中講義風景
 2016年12月1日
「博士審査展」が12月13日(火)〜12月23日(金)の期間で行われます。
このたび、本研究室博士課程の小野貴登司が、3年間の博士(後期修士課程)で研鑽を積んだその成果をご披露いたします。また彫刻専攻生以外にも、日本画、油画、の専攻生たちも、文化財保存や古典研究に対して若い情熱を傾けた研究成果を発表致します。
ご多忙の折とは存じますが、みなさまにもぜひご高覧を頂き、ご指導ご鞭撻を賜りますようご案内申し上げます
 発送風景(11/30) 会場風景(12/13) 口頭発表(12/21)

信濃毎日新聞に掲載されました。
信濃毎日新聞web

■博士審査展
期 間:2016年12月13日(火) - 23日(金) ※会期中無休
時 間:10:00-17:00(入場は16:30まで)
場 所:東京藝術大学大学美術館
観覧料:無料
 

■公開審査プログラム(保存修復彫刻研究室)
日 時:2016年12月21日(水) 15:00〜16:00
会 場:東京藝術大学大学美術館 地下2階 第2展示室
小野貴登司近世建築彫物と下絵の相関性についての研究- 諏訪立川流の建築彫物 -』

※博士審査展全体のプログラムスケジュール等、詳しくは東京藝術大学ホームページをご覧下さい。

 2016年11月20日
1)テレビ放送のご案内
NHKBS『美の壺 京の仏さま“あの世”巡り』に研究室が紹介されます。
現実と異界が交わる京都で、魅惑の仏像を巡る旅。▽平安時代、大ブームを巻き起こした「阿弥陀如来像」。同じ姿の仏像を、数万体も製作可能にした、驚くべき技術とは!?▽「閻魔(えんま)」に秘められた平安京の意外な歴史!恐ろしい表情の裏には、ある隠された意味が!?▽地獄に落ちた者をも救うという“お地蔵さん”。京都の人々が町内ごとにまつる理由とは!?京の仏の知られざる魅力に迫る。【出演】草刈正雄,神居文彰,山折哲雄,籔内佐斗司,山路興造,田畑ゆり,【語り】木村多江

美の壺 File395「京の仏さま “あの世”巡り」
11月29日(火)11001129 NHKBSプレミアム
12月1日(木)朝6:30〜6:59 NHKBSプレミアム
12月2日(金)深夜1:00〜1:29 NHKBSワールドプレミアム
(ただし、ニュース等の影響により時間変更や休止の可能性もあります。)

追加の再放送日が急遽決まりました
12月8日(木)朝6:30〜6:59 NHKBSプレミアム

2)テレビ放送のご案内
TBS「別冊アサ秘ジャーナル」に撮影協力しました。
11月27日(日)深夜 24:55〜26:25(予定)

3)11月18日(金)13:00 〜
公益財団法人 美術院国宝修理所所長・藤本先生の集中講義が行われました。
題目:「彫刻の仕上げ法」
集中講義風景

4)11月20日に当研究室受託事業「取手市長禅寺・十一面観音立菩薩像制作」の開眼法要が行われました。
開眼法要風景

 2016年11月8日
各文化財保存学の新入生を対象に行われる文化財保存学演習【彫刻】が行われました。
11月1日(火)「仏像の世界と意匠」 
11月8日(火)「彫刻文化財調書作成の実際」 
11月15日(火)「木彫刃物研ぎ」
 2016年10月5日
29年度入学希望者に向けて、受験説明会及び見学会を行います。
11月9日(水)13:00〜
文化財保存学専攻保存修復彫刻の受験希望者に対して説明会を行います。
受験希望者は連絡の上、必ず受験説明会に参加して下さい。
入試の詳細につきましては、東京藝術大学のホームページをご覧下さい。
説明会 概要
  画像をクリックすると拡大画像が出ます。
 2016年10月4日
テレビ放映のご案内
10月6日(木)20:00〜20:59
10月13日(木)08:00〜08:59(再放送)
NHKBSプレミアム「英雄たちの選択 岡倉天心」
http://www4.nhk.or.jp/heroes/
明治初年に巻き起こった仏教排斥の嵐。暴徒化した市民が、寺院を襲い仏像を破壊した。それに危機感を抱き日本人の心を守ろうとした若き岡倉天心の挑戦に迫る。
明治初年に巻き起こった仏教排斥の嵐。暴動化した市民が寺院を襲い、仏像を破壊した。それは、新政府の思惑をはるかにこえ、大混乱に発展した。「廃仏稀釈」である。それに危機感を抱いた若き岡倉天心は決意する。新しい時代の混乱の中で、日本の伝統的なものを破壊することは、日本人の心の否定につながるのではないか?日本人の心を守らねば…。17歳で、文部官僚となった天心の挑戦に迫る。
【司会】磯田道史,渡邊佐和子,【出演】大久保喬樹,関川夏央,籔内佐斗司,【語り】松重豊
 2016年9月27日
1)月刊茶道誌「淡交」10月号の特集「東京藝大と茶の湯」のページに籔内佐斗司教授のインタビューが掲載されています。

2)サントリーウエルネスフリーペーパー「美感遊創第168号」に非常勤講師 山田修が東大寺法華堂執金剛神立像をコンピューターフラフィックス(CG)で復元した記事が掲載されました。

 2016年9月24日

当研究室で後援している『磐梯とくいつ藝術祭』が今年も開催されます。今年は「模刻で学ぶ仏教藝術2 ─ みちのくのほとけと慧日寺金堂薬師如来 ─ 」と題し、薬師如来坐像の復元された原寸大木彫台座をはじめ、岩手、宮城などの平安仏の復元像・模刻像を通して、仏教藝術の表現技法をご紹介いたします。

開催日時:9月24日(土)ー11月30日(水)
     9:00ー17:00(受付16:30まで)
会  場:磐梯山慧日寺資料館、金堂

※藝大メンバーによるギャラリートーク 10月22日(土) 13:30〜15:00
仏像のどこをどのように見たらいいのかよく分からない、という方に仏像の「鑑賞ポイント」や仏像の種類や制作方法、修復の今を藝大メンバーがわかりやすく解説します。

主催:磐梯町
お問い合わせ:磐梯山慧日寺資料館

チラシ  パンフレット

オープニングの様子(9/24)
会場の様子
復元台座除幕式の様子(10/18)
ギャラリートーク(10/22)

 2016年8月31日
トークイベントのお知らせ
東京藝大の学園祭「藝祭」で実行委員会公式イベント「宇宙人よ、応答せよ」で、篠原ともえさんと籔内佐斗司教授のトークショーがあります。

日時;2016年9月3日(土)14:00〜15:00
場所;東京藝大音楽学部5号館 5-109教室
藝祭公式URL:http://geisai.geidai.ac.jp/2016/index.html#page-top
藝祭公式ツイッター:https://twitter.com/geisai_2016

 2016年8月12日
テレビ放映のご案内
8月13日(土)10時00分〜11時40分
ぶっちゃけ寺 傑作選
放送内容:「世界遺産登録決定!江戸時代が丸ごと分かる場所…上野SP」
先日取材を受けていた番組が放送されます。ぜひ御覧ください。
 2016年8月5日
「年報2015(2016年度発行)」が完成しました。
編集を進めておりました2015年度の当研究室の教育・研究活動をまとめた年次報告書「年報2015(2016年度発行)」が完成しました。
本誌発刊にあたり、ご協力いただきました多くの皆様に、厚く御礼申し上げます。
本日発送致しましたので、お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。
※「年報2015」は当研究室教育研究事業への支援者や関係者に優先的に進呈しています。
ご意見などはこちらから

 【表紙・目次】 発送作業風景(8/5)
 2016年7月25日
1)7月21日(木)前期講評会が行われました。
前期のまとめとして、学生たちがそれぞれ取り組んでいる研究の経過報告を行いました。講評会風景
2)7月22日(金)史跡慧日寺金堂内薬師如来坐像 鑿入れ式が東京藝術大学体育館で行われました。鑿入れ式風景

新聞掲載  
福島民友みんゆうnet(2016年7月23日) 
福島民報社(2016年7月26日)

 2016年7月13日
7月13日(水)
テルモ株式会社 2015年度芸術文化助成 授与式・懇親会
今年の研究報告発表展で助成いただいたテルモ株式会社よりお招きいただき、籔内教授と中村恒克(修復スタッフ)が参加しました。
集合写真 贈呈状
 2016年7月4日
仏の教えから魅力までがわかる仏像30選
籔内佐斗司・島田裕巳が徹底解説!

「仏像の見方が変わる本」(8月4日発行)が出版されます。
 2016年6月15日
6月15日(月)
株式会社静岡銀行本部(静岡県清水区)に平成27年度受託研究「岩宮城県双林寺 薬師如来坐像 模刻制作研究」の研究成果物・縮尺模刻を納めました。
設置風景 ※本研究は、株式会社静岡銀行様による賛助のもと、行われております。
 2016年5月19日
5月19日(木)
文化財保存学専攻新入生歓迎会が行われました。
 2016年5月9日
昨年5月に撮影協力したBS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」のムック本が発売になりました。「美術の世界ってどんなとこ?アートとシゴトとワタシ」のページに籔内佐斗司教授のインタビューが掲載されています。
 2016年4月25日
「研究報告発表展」が無事終了致しました。
5日間で2500名を超えるお客様ににご来場いただきました。
会場に足をお運び下さった皆様、ご支援を賜りました皆様に深く感謝致します。

懇親会風景(4月20日)
トークイベント(口頭発表会)風景(4月23日)

 2016年4月20日
本日より「研究報告発表展」(藝大フレンズ賛助金助成事業)が始まりました。皆様のご来場をお待ちしています。会場風景

アクセス
上野駅方面からおいでの方はこちら 東京藝術大学旧東京美術学校玄関、通称:黒門より
根津駅方面からおいでの方はこちら 東京藝術大学正門(大学美術館側)より

4月6日「研究報告発表展」チラシを当研究室関係の皆様に発送しました。お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。チラシ発送風景(4/6)

「2015年度研究報告発表展」
※藝大フレンズによる賛助をうけて行われています。
※テルモ株式会社アーツアンドクラフツによる賛助をうけて行われています。

期間:2016年4月20(水)〜24日(日)
場所:東京藝術大学 大学美術館 正木記念館2階
時間:10:00〜17:00 入場無料
※2階会場へは階段を上っていただきます。エレベーターはありません。
※The venueis on the second floor. No elevator.
※和室の為、靴を脱いでお入り下さい。
※Please take off your shoes before entering.
チラシ トークイベント(4/23)

 2016年4月5日
1)4月5日 2016年度入学式が行われました。
今年度、当研究室には修士課程2名、博士課程1名が入学しました。どうぞよろしくお願いいたします。
2016年度 新入生
修士課程 胥 文君 (しょぶんくん)
修士課程 中尾 綾子

博士課程 伊谷 勇哉

彩色担当 新任
非常勤講師 飯沼 春子(日本画、保存修復)

2)4月5日 保存修復彫刻研究室のオリエンテーションが行われました。

3)4月5日 保存修復彫刻研究室で新入生歓迎会が行われました。

4)2016年度の研究室メンバーを紹介します。【2016年度研究室メンバーの紹介】

 2016年3月28日
1)3月25日 平成27年度卒業式が東京藝大奏楽堂で行われました。
保存修復彫刻の修了生2名、博士1名が卒業式を迎えました。謝恩会

2)3月25日「第十回お仏壇のはせがわ賞」「第七回お仏壇のはせがわ賞特別賞」「第四回静岡銀行賞」の授賞式が行われました。授賞式風景

3)3月26日 保存修復彫刻研究室の追いコンが行われました。

 2016年2月19日
「2015年度研究報告発表展」を開催いたします。
※藝大フレンズによる賛助をうけて行われています。
※テルモ株式会社アーツアンドクラフツによる賛助をうけて行われています。

期間:2016年4月20(水)〜24日(日)
場所:東京藝術大学 大学美術館 正木記念館2階
時間:10:00〜17:00 入場無料

近日中に「研究報告発表展」チラシを当研究室関係の皆様に発送いたします。
お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。
チラシ

 2016年2月2日
1月28日(木)
文化財保存学合同の追い出しコンパが開かれました。
修士、博士の卒業生と共に、今年度で退任される先生に感謝をこめて新しい旅立ちを祝福しました。
卒業生&集合写真
 2016年1月26日
1月26日(火)〜31日(日)
第64回東京藝術大学卒業・修了作品展が始まりました。
会場風景(陳列館・保存修復彫刻研究室)

 2016年1月25日
奈良県が今年から始める平城宮跡大極殿前の冬の観光イベント「奈良大立山まつり」が1月29日(金)〜2月2日(火)に開催されます。

総高6.5mの巨大な山車4台が大極殿前で繰り広げる光のページェントです。その中心となる四天王の制作に、東京藝術大学院文化財保存学彫刻研究室が参加しました。都内の駅などで、デジタルサイネージ広告が行われています。

 制作中の風景 ニュース(奈良新聞)
動画(産経新聞) 紹介ブログ(2/1)

 2016年1月20日
日本橋で開催される京都あるき in 東京2016 京都創生シンポジウム「文化首都・京都の魅力」のパネリストの一人として籔内佐斗司教授が参加します。
【開催日時】2月17日(水)17:30〜19:30 
【料金】入場無料 事前申込制(定員300名)
【会場】野村コンファレンスプラザ日本橋 大ホール
    中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル「YUITO」6F
【お問い合わせ】京あるきin東京2016事務局
 京都新聞記事(2/28)
 2016年1月14日
研究室の関係各位の皆様宛に「修了制作展」のチラシ発送をしました。お手元に届きました際にご高覧いただければ幸いです。チラシ
 2016年1月12日
1月7日(木)修了生による修士修了作品・論文発表会が大学中央棟でおこなわれました。

第1部作品発表

伊谷勇哉 京都府知恩寺 阿弥陀如来立像

山田亜紀 静岡県 函南町 阿弥陀三尊像のうち観音菩薩立像

第2部スライド発表
 「奈良県 円成寺 木造四天王立像」修復報告

  画像をクリックすると拡大画像が出ます。
 2016年1月5日
新年あけましておめでとうございます。
今年も、当研究室およびウェブサイトをどうぞよろしくお願い致します。

東京芸術大学「卒展」・文化財保存学「修了作品展」が1月26日(火) 〜31日(日)の期間で行われます。
 このたび、本研究室の修士課程の学生2名が、修了作品展に於いて成果をご披露いたします。また彫刻以外にも、日本画、油画、工芸、建造物、保存科学など各分野の学生たちが、文化財保存や古典研究に対して若い情熱を傾けた研究成果を発表致します。ご多忙の折とは存じますが、みなさまにもぜひご高覧を頂き、ご指導ご鞭撻を賜りますようご案内申し上げます。

第64回 東京藝術大学「卒展」・大学院美術研究科修士課程「修了作品展」
場 所:東京藝術大学大学 美術学部 陳列館
期 間:1月26日(火)〜31日(日) 会期中無休
    9:30-17:30(入場は17:00まで)
    ※最終日は12:30まで(入場は12:00まで)
観覧料: 無料

 



ご意見、ご質問は<webmaster@tokyogeidai-hozon.com>へお願いします。


ホームページのリンク集への登録もお待ちしています。
当研究室関連のウエブサイトとして、以下へもぜひお訪ね下さい。
●「木の文化と造形フォーラム」 http://kinobunkatozokei.com
●「平安仏所」
(仏師、文化財保存学講師/江里康慧先生・佐代子先生のページ)
http://www.heian-bussho.com/
●「ようこそ平等院へ」 http://www.byodoin.or.jp/
●「籔内佐斗司の世界」 http://uwamuki.com
●「佛師.com(当研究室講師/村上清のページ)」 http://www.hotokeshi.com/